東慶寺ショップオリジナル

風呂敷茶箱

 

GS1-1 GS1-2

むすんで、ひらいてお茶を一服どうぞ

 

気軽にお茶を点てて楽しむために生まれたオリジナルの茶箱です。
バッグから風呂敷をとり出して、結びを解いたら、その上でお点前をお楽しみください。お点前が終ったら、お道具をまとめて風呂敷の中へ。再びバッグへ仕舞います。

ご自宅でも、旅先でも、パーティでも、思い立ったら、どこででも。

お茶を点てて頂く楽しみを味わって頂ければ幸いです。

 

 

GS2-2 GS2-1

革バッグ 16,000 円+税
W16 x D16 x H15cm+ 持ち手 約15cm

 

タンニンなめしの革をひとつひとつ、ミシン縫製で仕立てたバッグです。

内側にはポケットもあり、丁寧な作りで、お道具を仕舞うのにも安心感があります。色は黒と茶色の2種類です。

夏籠


 六つ目編み 17,500 円+税
 W17 × D17× H16cm +持ち手 約13 cm


 八つ目編み 18,500 円+ 税
 W17 × D17 ×H16cm +持ち手 約13 cm

 

夏のしつらえを楽しむために、地元鎌倉の竹工芸家 岡本詳三さんにお願いをして、竹籠バッグをつくりました。色、編み方も2種類。革バッグとは違って、竹籠ごしに風呂敷とのコーディネートも楽しめるのが素敵です。

 

 

 

GS3-1 GS3-2 GS3-3 GS3-4
ホックがついているので、組み立ても簡単。

左 風呂敷(プリント) 5,000 円+税
かつて、赤や青の色鮮やかな文様で人々を魅了したインド更紗。その影響を受けてヨーロッパ各地に生まれたプリント生地は、どこかそのルーツである更紗の趣を感じさせます。風呂敷茶箱をよりカジュアルに楽しんで頂くために、プリント生地でつくった風呂敷です。

 

中 風呂敷(縞縞) 7,500 円+税
九州小倉にかつてあった「小倉織」。袴生地として一世を風靡しました。一度はその技術が断たれたものの、昭和初期にとある藏に残っていた端切れから、現代によみがえった小倉織り。平織りの綿なので、表裏で殆ど色味の違いがなく、風呂敷茶箱にはぴったりでした。「縞縞」の小倉織はバリエーションも豊富。モダンな印象の茶箱に仕上がります。

 

右 風呂敷(シルク) 16,000 円+税
カンボジアやラオスのシルク絣生地。色合いと絹独特の艶が、お道具を引立たせます。

 

風呂敷茶箱 風呂敷について:
寸法(シルク、縞縞、プリント共通) 組立時内寸 W13 x D13 x H13 cm / 開いた状態 W60 xD60 cm

※ 風呂敷は在庫の中から生地をお選び頂いて、お仕立て致します。納期目安約一ヶ月です。
※ 生地の在庫状況はショップまでお問合せください。
※ お道具は付属しておりません。

 

使い方の紹介

 

 

お茶を楽しむために

GS4-1 GS4-2

茶箱用茶杓入れ 1,000 円+税
サイズ W2.5 × D19cm

 

茶箱用の茶杓サイズで、茶杓入れを作りました。お寺でひとつひとつ、製作しています。
風呂敷と共布でお誂えも可能です。

乾漆茶巾筒 4,000 円+税
サイズ W3 × D3 × H 6 cm

乾漆茶筅筒 5,000 円+税
サイズ W4 × D4 × H11 cm

「鎌倉彫を考える会」の宮崎誠二さんにお願いをして、乾漆で茶筅筒、茶巾筒をつくりました。軽く、硬すぎず、お道具を守るのにぴったりに仕上がりました。

 

kaishi GS6
差し込んである菓子切りは、懐紙入れの蓋のストッパーになっています。

東慶寺紙 懐紙

大(12 枚入) 1,500 円+税 サイズ W17.5 xD20.5 cm
小(15 枚入) 1,500 円+税 サイズ W14.5 xD14.5 cm

 

斐伊川和紙製の東慶寺紙懐紙は、手漉き和紙を使ったこだわりの懐紙です。
懐紙とは「ふところがみ」の名の通り、懐に持ち歩く和紙のこと。
かつて、平安貴族たちは懐紙に和歌をしたためました。現代では、茶席で使うことが主ですが、ちょっとした小物や、お心付けなど、ものを包んで贈る時に使うこともできます。

 

もみ紙懐紙入れ

800 円+税 サイズ W16 x D11 cm

 

 

バッグに懐紙を仕舞うのに、懐紙入れが大きすぎるとスマートに納まらず、出し入れも不便だったこと、ありませんか?

手漉き和紙のもみ紙を使ってつくった懐紙入れ。使う分だけコンパクトにバッグに納まります。手漉きの和紙は思いのほか、丈夫な素材。もみ紙にすることで和紙にしなやかさも加わります。たびたびの出し入れにも少々のことではへこたれません。どうぞお使いになって、その感触を実感してみてください。

 

 

 

東慶寺の本

gs7-2 gs7-1 gs7-3

「鎌倉の禅」500 円+税

「天秀尼」 500 円+税

「延命十句観音経 写経ノート」(写経えんぴつ付)700 円(税込)

 

延命十句観音経は42文字の短いお経ですが、白隠禅師は
「あらゆるお経の極意がこの短いお経にこめられている」
といって大いに推奨されたそうです。
日々の少しの時間に心を静めるために、鉛筆で写経をしてみてはいかがでしょうか?
東慶寺文庫新刊「延命十句観音経 写経ノート」は、ちょっとした合間の時間に、いつでもどこででも、写経ができるように工夫されています。
付属の鉛筆は、三菱鉛筆にお願いして作っていただいた硬度10Bの最高級鉛筆です。まるで筆の穂先のように「ハネ」「ハライ」など文字の表情を自在にコントロールできます。