波に亀甲散蒔絵硯箱

波に亀甲散蒔絵硯箱

 

縦25.0 横23.2 高8.2

江戸時代

 

方形、削面、被蓋造の硯箱。内に長方形の硯と銀製魚々子地花文高彫の座と同じく銀製海賦模様を高彫にした壺形水滴を収める。中央下水板の左右に懸子を収める。総体黒漆塗、微細で不整形な金粉を粗密をつけて蒔き、金平蒔絵で三引両を内に描いた亀甲紋を散らす。空間には波頭紋を表わす。蓋裏・見込みは無文。